コダワリとグルメなワガママと -おかげさまで3周年!-

久保田食堂は、今年で開店3周年を迎えます。

この場をお借りして、日頃からご愛顧いただいておりますお客様に感謝を申し上げます。本当にありがとうございます!

さて、開店3周年を祝して、そして、みなさまへの感謝の気持ちを込めて、2月5日(月)に楽しいイベントを開催します!今回は、イタリアのマルケ州の絶品オーガニックワイン5種類(泡・赤・白)が飲み放題のスペシャルメニューをお届けします。ざっくりした内容をお伝えしますね。

前菜は、なんと7種!人気メニューのカルパッチョには、静岡の美味なフルーツ、不知火(しらぬい)(デコポンの静岡バージョンです)を付け合わせに供します。 プリモピアットは、無農薬野菜をフィーチャーした、玄米のリゾット。農薬を一切使用しないで栽培される「龍の瞳」の玄米を、おなじみの「クボタのダシ」で炊いたオリジナルメニューです。

kodawari04a

メインは、クリスマス島の塩でマリネしたスペイン産赤豚・肩ロースの塩窯焼きです。イタリアで肉料理のグリルにはローズマリーを使用することが多いのですが、僕はあえてローリエとコモンタイムを使っています。コモンタイムは、タイムよりもよりマイルドな風味のハーブなのですが、ローリエと組み合わせることで、より肉の旨味を引き出すことができると感じるからです。

kodawari04b

開店してから、3年が経ちましたが、相変わらず「こだわる」ことには、こだわり続けて、ブレることなくお店を継続できたことを嬉しく思っています。料理にはこだわりの強い僕ですが、お客様のグルメなワガママは大歓迎!「このアラビアータ、激辛でお願いできる?」、「この付け合わせ、リンゴのマリネに変えられる?」などのリクエストにも喜んでお応えします(どうしても、お応えできないこともありますが...)。久保田食堂は、「野菜イタリアンレストラン」を標榜していますが、街の食堂でありたいと思っています。だから、ご近所の方々がワイワイ集って、そこから新たなメニューが生まれたり、思いもよらないコミュニティーが自然発生することは、僕にとって、なんともワクワクすることなのです。 突き詰めれば、レストランはお客様によって作られる空間だと僕は思っています。

2月5日のイベントは、ただいまご予約受付中です。
詳細はこちらをご覧ください!
みなさまとお会いできることを心から楽しみにております!